FX1000通貨で不労所得を志ざす日記

FX1000通貨トレードに向いている人向いていない人

FXトレードで、一躍お金を儲けたいと考えている方は多いと思います。しかし、実際にFXをやったことのある方ならわかるように、FXはギャンブル性の高い金融商品です。FXで100円利益を出すのがいかに大変か、デモトレードなどをやったことがある人ならわかるでしょう。私のような慎重な性格の人間は、FXをやってもレバレッジを一番低くかけて実践してしまうので、利益は一日1000円にもなりません。FXトレードに向いている人は、とにかく経済の知識があるうんぬんより、金銭運がある、もしくはギャンブラー的性格の持ち主のある人です。FXの番組もインターネットなんかで流れていますが、成功するのにいかに大変かがよくわかります。しかしFXトレードは、多様な働き方を提供しているという意味では、経済学的には正しい金融商品です。世の中には様々な人がいて、そのさまざまな人に対する多様な働き方を提供するというのが大事な経済政策です。例えばそれは、派遣社員であり、パートであり、そしてFXトレーダーのような個人投資家であったりします。これらの働く機会を創出することを経済学では生産可能性フロンティアの拡大という言葉で表すことがあります。FXトレーダーも今では立派な職業の一つです。本業のトレーダーや兼業のトレーダーなどいろいろな人がいると思いますが、大事なのは多様な働き方をする機会を創出するという経済政策です。このあたりがアベノミクスでも今後焦点の一つとなってくるでしょう。

 

 

FX1000通貨取引の初心者

 

FX 1000通貨をスタートしたときの自分のダメっぷりがとても懐かしいです。デモトレードで必死に練習していたときのこと。トレンドを読めてなかったために、ポジションを持った瞬間、損切り価格まで値がひとっ走りなんてことがありました。トータルで数えると、何回でしょう?数えきれないほどです。そんな失敗をデモトレードで重ね、いつになったら勝てるようになるんだろう?希望を抱いて飛び込んだFXの世界なのに、これから先が心配だなって思ったりしました。それも、本番で負けたわけじゃないのにです。損切りになったときの思考もまた極端です。いまは損切りになったとき、たまには損切りになったっていい、トータルで勝てるなら!という思考になっていますが、昔はひどいもので、損切りは私にとって絶対の悪でした。だから、損切りに遭うとどうも気分が悪い。機嫌を損ねて家族の前で口を尖らせてしまったり、真夜中のコンビニに走り、つらい気持ちを慰めようと甘いスイーツを買ってきて過食してしまったこともあります。本当に最低でした。家族に迷惑をかけてしまいました。今思うと、恥ずかしいぐらい未熟です。こんな自分がFXで生き残っていけるなんて到底思えませんでした。ところが今の自分はメンタルコントロールがしっかりできて、トレードを続けることが出来ています。努力を積み重ねれば変わることができるのです。負けるが勝ちという言葉がありますが、それはFXにも通じると思います。負けである損切りを認め、素早く行っていくことで、大事な資金を守り、次へのチャンスにつなげることが出来ます。負けを認めずに遅れて損切りだと、資金が大幅に減り、さらに負けた気持ちになります。

 

 

ポジション持ちたくなったけど、金曜日は我慢

 

今日は金曜日です。今週で最後の日ですが、相場があるというだけでそわそわしてしまいます。豪ドル円の動きを今週も集中して追ってきました。チャート分析、ばっちりやりました。他の通貨はあまり見ないで、豪ドル円に夢中な私です。今は93.20にいます。徐々に上値を切り上げてきて、93.50も視野に入ってきました。自分の売買に対する考えと為替のアナリストの意見を照らし合せて相場を見るように心がけています。偶然にも今日、私の売買方針と一致した部分があったので、ポジションを持ってみようと考えました。しかし、今日は金曜日でポジションを持つのはまずいので無しにしました。検証ということで、デモトレードで思った方向にポジションを持っていました。豪ドル円、93.20で売りました。損切りは93.50です。理由は、豪ドル円の30分足を見たとき、92円後半から93.20辺りまでのレンジになっていました。さらに93.20付近で何回か長い上髭を出していたので、これ以上は進みにくいんじゃないかと感じて売りです。1日の値幅の平均で考えると、豪ドル円の場合50PIPS程度です。余程大きなニュースが入った日でない限り、これぐらいでおさまっています。本日はもうニューヨーク時間。特別なニュースは入ってきていないのでおさまる可能性があります。そういうことまで考えると、どうしても売り目線になってしまいました。ここ数日間の上げ方のタイプはじり上げとじり戻しを繰り返しながらの上昇です。勢いのある上げではないので逆張りが機能しそうです。

 

ボラが大きいと押し目も深いし、戻りも大きいので、どこに損切りを置いていいのかわからなくなります。トレードをする時、損切りを設定して臨んでいますが、大きく下げたり上げたりする相場は正直苦手です。FXを1年以上やっていても、こういう相場は戸惑ってしまいます。FXを何年もやっている私がアドバイスできることがあります。トレードで勝つためには資金管理が大切ですが、相場との相性というものがあります。どれだけいい相場だったとしても、タイミングが悪ければ損切りになってしまいます。私は何度かそれを経験しました。いい相場だったのに勝てなかったのは、タイミングがよくなかったからです。トレードで勝つために大事なのは相場の雰囲気、運、タイミングじゃないかって思います。勝負すると決めたらそう簡単にやり方を変えてはダメです。やり方は個人個人で違うものです。選ぶ相場や得意とする相場も違うと思います。1日のエントリー回数も違うはずです。エントリー回数が1日に多いという人もいると思いますが、個人的にアドバイスすると、やはりエントリーは絞ってやったほうが勝ちやすくなります。1回がダメで、2回、3回とやってしまうとうまく行けばいいのですが、チャレンジ回数が多いほど失敗したときの損失額が大きくなってしまいます。私は、1日1回勝負で挑んでいます。負けた場合、負けを認めてまた今度やるようにしています。そのほうが確かに勝ちやすいです。

続きを読む≫ 2015/04/28 13:40:28

FXはパチンコや競馬と違ってギャンブルではありません。正しい知識で取引をすればお金を増やすことが出来る立派な投資です。しかし、FXもギャンブルと同じだと思うことがあります。熱くなることです。FXを始める人は大きな夢を持っています。例えばFXで車を買う、FXで億を稼いで悠悠自適に生活する、などです。そのような夢が明確な人ほど、それをはやく実現しようとして焦ってしまうのではないかと思います。そして、冷静さを欠いて持つべき場所ではないところでポジションを持ってしまいます。そうすると負けてしまいます。パチンコは負けると悔しくなります。するとどうするかというと、さらに熱くなって負けを取り戻そうとします。FXの世界でも似ていると思います。FXで勝ちやすい人は、冷静な人です。自分が熱くなっていると思えば、落ち着けるように持っていける人です。そして、負けたという事実を認められる人です。負けを認めたくなくて、ハイレバレッジというのはFXで一番やってはいけない事です。そういうのを積み重ねると、気づく頃には資金の大半を持っていかれて退場という事になってしまいます。誰でも退場したくてFXを始める人はいません。素敵な自分の夢を叶えるためにやっていると思います。その夢のためにも、熱くなること、ハイレバレッジというものをやめましょう。もし熱くなりそうになったら、指で皮膚をつねりましょう。冷たい水で手を冷やしましょう。すると、我に返ると思います。

続きを読む≫ 2015/04/28 13:40:28